単語テストジェネレーターの使い方

単語テストジェネレーターの使い方を紹介します。

単語テストジェネレーターにアクセスします。

リンクを開くとこのような画面が表示されます。

緑色の Code と書かれているところを押すと以下のようになります。

Githubアカウントを作成し、Sign inしておく必要があります。

Localではなく、Codespaceが選択されていることを確認し、+ボタンを押します。そうすると、コードスペースが開くので、ターミナルで

npm init -y

を実行すると、以下のようになります。

次に、

npm i mersenne-twister tabletojson pdfkit-table

を実行すると、以下のようになります。

node {name} {pdf} {left} {right} {num} {seed}

{name}は、

鉄壁・・・teppeki.js 

ターゲット1900・・・target1900.js

{pdf}は、{任意の文字列}.pdf 例えばexam.pdfなど

{left} {right}は単語の番号の範囲 {right}をInfinityにすると最後までになります。

{num}は、出力したい問題数

{seed}は、4桁の16進数の乱数

 ただし、同じ単語番号の範囲で同じSEED値を指定すると、同じテストが出力されます。

引数は seed, num, left, right, pdf の順に省略することができます。

node teppeki.js exam.pdf 1 Infinity 20

例えば、上のように実行すると以下のようになります。

以下のように、指定したpdfファイルが作られるので、それを右クリックし、ダウンロードを押します。

ダウンロードしたPDF は和訳ページ、英訳ページ、解答が含まれています。ページを選択して勉強に活用しましょう。


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です